視神経に障害が起きる病気

医者

原因と症状

緑内障という病名を耳にしたことはありますか。緑内障は40歳以上の4人に1人が発病する目の病気です。物の一部が部分的に暗く見えるというのが主な症状ですが、片目に異常があっても両目で物を見ているので気づきにくく見逃しがちです。私達は見た物が何か認識できるのは、視神経の働きによるものです。しかし、視神経に障害が起きると機能が低下してしまい見た物を認識することができなくなります。視神経は繊維状の神経が束になっているので、1本に障害がおきると物の一部が認識できず欠けて見えるのです。視神経に障害を起こすのは、眼圧の高まりが原因と考えられています。眼圧は、眼球がずれないように圧力をかけることで正常な位置に固定する役割を持っています。しかし、何かの理由によって眼圧が高くなり視神経を圧迫してしまうため、視神経の働きが衰えてしまうのです。

治療方法

ここからは、緑内障の治療方法について説明します。緑内障視神経に障害が起きて機能が低下している状態です。気づかないまま放置していると次第に視力が低下していき失明するリスクが高くなります。日本での失明の原因として緑内障は常に上位にある病気なのです。緑内障の治療は、眼圧を下げるための点眼薬が処方されます。しかし、症状が進行している場合は、眼圧を下げるためのレーザーによる治療や手術を行います。緑内障には、症状がゆっくり進行する慢性緑内障と急性の緑内障があります。急性の緑内障は激しい頭痛や目の痛みがおきますので、症状が起きた場合は急いで病院で診察を受けましましょう。視力低下や失明のリスクを避けるためにも定期健診を受けることをお勧めします。