中高年に多い眼の病気とは

看護師

中高年に多い眼の病気

視力の衰えは40歳頃から始まると言われており、新聞の文字が読みにくいと感じて老眼鏡を使い始める方もいます。しかし、老眼鏡をかけているのに見えにくい時は白内障又は緑内障という眼の病気かもしれません。どちらも性別に関係なく40歳以上の方に見られる病気で誰もが発病する可能性があります。まず、白内障は眼球のレンズが白く濁ってしまう病気です。正常なレンズは透明ですが、加齢によって徐々に変質していき白く濁ってしまうのです。40歳頃から徐々に濁り始めていき、80歳以上の高齢者になるとおよそ100%の確率で白内障の症状が見られます。レンズが白く濁っているので周囲がかすんで見える、2重に重なる、光がとても眩しく感じる症状がでます。白内障は、目薬で症状の悪化を抑えます。しかし、日常生活に支障が出る場合は手術を行います。白く濁ったレンズを取り除いて人工のレンズを挿入します。

失明の危険がある病気

緑内障は目で見た物を脳に伝える視神経の働きが低下しておこる病気です。40歳以上の4人に1人が発病していて、治療が遅れると視力が落ちたり失明したりする病気です。急性緑内障と慢性緑内障があり、急性の場合は激しい頭痛や目の痛み等が起こります。この場合は緊急に手術を行う必要があります。慢性の症状は、時間をかけて徐々に悪化していき、視野が暗く欠けて見える、狭く見えるように感じます。初期の緑内障は目薬で症状の進行を抑えます。しかし、進行した緑内障の場合はレーザーや手術が行われます。緑内障を発病している方の中には白内障の症状が見られる場合もあります。この場合は、白内障と緑内障の手術を同時に行います。緑内障は失明するリスクがある病気ですから40歳を過ぎたら定期健診を受けるようにしましょう。